お客様に必要な品質を、求められている価格で提案するホームページ制作サービス

お客様の声:渡辺ヒーティング株式会社 様

 » 
 » 
お客様の声:渡辺ヒーティング株式会社 様

お客様の声:渡辺ヒーティング株式会社 様

渡辺ヒーティング株式会社 菊地 新一郎さんにハンズバリュー島田を起用した経緯と評価について聞きました。

(渡辺ヒーティングについて)

渡辺ヒーティングは山形市で創業して45年になります。
山形・宮城を中心に住宅空調の設計・施工・メンテナンスなどを手がけ、 お客様へ常に暖かい環境を提供することを一番に考えています。
パネルヒーターのショールームをしているのは、東北では珍しい存在です。

エスパルショップ東北電力電化普及協力店として 平成25年度優秀販売店の楯をいただきました。

1.ハンズバリューのマーケティング支援

― 渡辺ヒーティングが、ハンズバリュー(島田)に集客支援を依頼した経緯をお聞かせ下さい。

島田さんと知り合う前のホームページは、「地元企業としての存在をアピールしておこう」と、とりあえずという軽い気持ちで作ったものでした。

目的や活用を考えたのではなく、イメージ優先のホームページというのでしょうか。

弊社が扱う商品は、工務店様からご紹介を頂いた上で、直接当社の営業担当が話をさせていただき、お客様が購入するというものです。ほぼ100%紹介のため、自社での集客は考えておらず、ホームページでお客様を増やすという発想もありませんでした。

 

2009年頃にヒット商品が出て、「それにかけよう!」としていた時でした。イメージ優先から内容重視のホームページの提案を島田さんからいただいたのです。まさに「お客様が興味を持ち、来店してみたくなるホームページ」ということですね。新しい取り組みとしてそのホームページに期待しました。

2.ウェブ活用のコンサルティング~集客にしぼったホームページの提案~

―ホームページをリニューアルする際、初めはどう思われましたか?

正直、弊社で扱っているものがホームページで買いたくなる商品じゃないと思っていたので、効果に不安はありましたし、ホームページが変わっても、「何がどうかわるのかわからない」とそんなふうに思っていました。


島田さんからは集客に絞ったホームページの提案をいただき、私たちの方向性が合致するまで根気強く関わってもらい、2013年の8月に現在のホームページの形にリニューアルしました。

 

今までなかった「お客様の声」、スタッフもインタビューを受け「声」を載せています。その他、パネルヒーターや床暖房が実際に体験できるショールームについて、詳しくわかりやすい説明で載せることができました。

3.ホームページの効果を上げるためのSEO対策で新規開拓ができた

―依頼して、すぐに結果は出ましたか?

リニューアルした当初は反応がありませんでしたが、検索対策やアクセス分析していただき、「お客さまの声」や「スタッフのインタビュー」などを入れたことで、お客様の様々な検索キーワードで弊社がヒットするようになり、

パネルヒーターを知らなかったお客様からの問い合わせをいただくようになりました。

工務店の方から検索でヒットした当社のサイトを見て、見積り依頼があったことは、とってもよかったですね。新規の取引先を見つけるにのにも役に立っています。

― ホームページよる集客効果についてはいかがですか?

実際に住んでいるお客さまの声やランニングコストなどの「知りたいこと」が明確に載っているので『見てもらえる』ホームページになっています。また、「よくある質問と回答」に詳しい情報が載っていてアクセス数も高いです。

ハンズバリュー島田は、どんな考えでホームページを提案したのか?

―今回、渡辺ヒーティングのホームページ制作を、どのような方針で提案したのか、教えてください。

はい。「記事の見直し」と「アクセス分析の見直し」の2つのポイントでご説明します。渡辺ヒーティング様の集客を支援するにあたって立てた方針、気をつけた点は次のとおりです。

【記事の見直し】

(1)「実際使用しているお客様の声を入れ、安心感を与える」

・・・渡辺ヒーティング(株)が扱う商品は1システム約200万という高額商品です。そこで、県内や隣県のお客様の生の声と顔を掲載することで不安を解消できるのではないかと考えました。

(2)「社員の紹介記事を入れて会社を身近に感じてもらう」

・・・お客様から見て、担当になる営業マンはまさに会社の代表です。社員一人ひとりを紹介していくことで安心感を持っていただくことができます。

(3)「社員がガイド役になりショールーム等を案内していく」

・・・ショールームの紹介記事も写真だけでなく社員の方に案内してもらう形にし、できるだけ写真を多く掲載することで視覚に訴えわかりやすくすること等を重視しました。

【アクセス分析の見直し】

1. 検索キーワードから…「パネルヒーター 型番」での検索が多かったので、パネルヒーターの各商品を掲載する。

2. FAQシステムの導入…お客様の知りたいことを即解決するページを設置

3. FAQからアクセスアップへ…お客様の知りたいこと、キーワードでホームページを訪れてもらい、問い合わせに結びつける

検索キーワードを精査し、ホームページの構成を見直しました。また、ざっくりとした内容ではなく具体的な内容を掲載する(例えば、パネルヒーターとエアコンのランニングコストについて等)ことで、より検索にかかりやすくしました。

 

FAQシステムを導入することでお客様が欲している内容に直接ヒットさせることができ、問い合わせに結び付けられるよう、アクセス分析をもとに改善を行いました。

4.その他の販促支援~その効果~

―集客について、ホームページの他に具体的にどのような提案がありましたか?

ホームページ活用と同時に集客のためのイベントの提案もしてもらいました。

 

それまでにも業者の協力のもとイベントを行いましたが、内容は、「来訪者にパネルヒーターを見て回っていただき、勉強会をする」というものでした。しかしながら人は集まりませんでした。

 

島田さんは、「パネルヒーターを知ってもらう、良さをわかったもらうことが大切で、興味を持ちそうな人に足を運んでもらうことが第一」として、その点を強く意識され、イベントの企画をしてくださいました。パネルヒーターを知っていただくために、これから家を建てる人やリフォームを考えている人、よいものを探している人に情報がいかないと意味がありません。そのことをアドバイスしてくれました。

 

そして、『よいもの(デザイン性のあるものや芸術)を持っているいろんな人たちを巻き込む、いや力を借りることが大事だ』と、今注目の作家たちを紹介してくれたのです。段ボールで様々な工夫を凝らした作品を発表している富士紙器さんもその一人です。

 

イベントの運営はイベント企画会社に関わってもらいましたが、ミニコミ誌への広告のことやDMのこと、印刷の手配まで島田さんにアドバイスいただきました。全くパネルヒーターのことを知らない人たちに知ってもらえるきっかけとしてイベントを開いてよかったと思います。

 

定期コンサルティングの中でこのようなイベントの提案等をしていただいています。

ハンズバリュー島田は、どんな考えでイベントを提案したのか?

「そもそもパネルヒーターでお客様を集めるのは無謀ではないか」とお伝えしました。 一般の方にとってパネルヒーター自体に興味を持たれている人は少ないので、「生活の質をもっと充実させたいという人たちを集客できるように、インテリアに特化したマルシェをご提案しました。

ハンズバリューを使って良かったところ

―ハンズバリューを使って良かったところ3つ教えてください。

1. ホームページ制作を頼んだら、ホームページのことだけでなく、販促に関わる様々な提案をしてくれる。

ITに関してちょっとしたわからないことも教えてくれ、PCの買い替えの時などもアドバイスしてくれるので助かります。

2. 地元の会社なので、コミュニケーションが取りやすい。

困った時にすぐ対応してくれるし、顔が見えて直接話せるので安心。

3. リアルマーケティングが強い。

チラシの提案からポスティング、ミニコミ誌の広告のことなど販促の支援をしてくれる。

笑顔で語る菊地 新一郎さん

集客や売り上げに悩んでいる方へ

―ハンズバリューを使った先輩ユーザーとしてご意見をお願いします。

集客に関する悩みは、インターネット上のこと以外、チラシやDM、イベント企画なども相談して提案してもらってください。マーケティングや販促について知識や経験があるので安心できますよ。

渡辺ヒーティング様、本日はお忙しい中、
貴重なお話をありがとうございました。

※ 渡辺ヒーティングのホームページ
※ 取材日時 2014年5月